ソルフェージュ

楽曲の理解に直接結びつくソルフェージュ。。。
と、考えて、最近かなりの量の(笑)教材を取り寄せしました。
「勉強」と考えると、楽譜や教材の購入が度を超してしまいます。。。

ソルフェージュの、海外からの輸入教材を少し使ってみましたが、笑ってしまうくらい?楽しいのです。
何だ?この面白さは。。と。(組み込んである項目は、日本の楽典の本とほぼ同じです。)

若かったら、現地の授業を見たりカリキュラムを学びに行きたかったなあと思ってしまいました。

もちろん、一般的な基本的な知識や聴音の技術、様々なソルフェージュの基礎的経験も並行しての使用かとは思いますが。
「音楽は凄く楽しい」と思える教材って素敵です。