結びつく

最近、ソルフェージュ、ソルフェージュ。。と、言葉が頭の中で、ぐるぐる回っています。

夏のシピリ先生のマスタークラスでも、随分考えることが多かったのと。(クラス内で与えられたソルフェージュ的な課題の、方向性。)

他、もちろん天才ではあるのですが、明晰で且つ自然な演奏、広いレパートリーを持つ若い演奏家が、どんな環境で学んでいるか、、調べてみたり。

実際の演奏に生かせるか。。結びつけられるかが、一番です。
基本的なところで自分の譜読み間違えに気付けるのも、ソルフェージュの基礎的な力。

自分が学んできた方法、現在自分で実際レッスンで行なっている方法と、どう頭の中で組み合わせられるかな、と。

生徒さんが、「ピアノを弾くことが苦行にならないようにすること」が、私の1番の仕事かも、と思います。

楽しいと感じられなければ、伸びませんし。
芸術の深さと広さに気付けば、どの様な関わりにせよ、音楽を一生学び続けてもらえますし。。

今日は、海外の比較的新しい教材を数冊注文してみました。