「わかる」ということ

画像の説明

ピアノを経験された生徒さんで、「辛い、難しい。。」という箇所を解きほぐして。こちらのお教室で、少し振り返りながらのレッスンを始めた方がいらっしゃいます。

その方から「とっても(レッスンが)楽しかったです」と、有り難いお言葉を頂き(^^)ました。

私も、中学、高校の時に難しすぎる曲を弾いては「出来ない経験」を。。重ねて行った時期があり。。
力以上の曲を必死で弾いていました。

随分と教本を戻して、やり直しをした時期があります。
その後の理解は、加速度的(笑)

一つ分かれば、全て?分かるという劇的な内面の変化を実感しました。

最終的に落ち着いたところは、
「人と比べず、自分が心から弾けていると実感を持って、本当の自信を取り戻した立ち位置」でした。

周りの方々は、本当に良く弾ける方ばかりで、、追いつかなければと必死でしたが、それは間違った気持ちの持ち方、と。
今では考えることが出来ます。

………
最初から要領よく出来ない故に、「学習」に関して、数十年考え続けています。

人生のうち、教えるという仕事に関わっていられる間に、ピアノに関してもっと効率的な良い形態を。
小さな形でも、編み出していければ良いなと。

最近、「学習」に関してのオーディオブックを聞きながら思ったことです。