ショパンコンクール in Asia

9月末の教室発表会から、10月、県ピアノコンクール、ジュニアコンクール、と続き。

昨日は教室から二人ショパンコンクール in Asia の長野地区予選で演奏しました。

小林 哩茉さん 小学校5、6年生以下の部 銅賞

小林 海月さん 小学校3、4年生以下の部 奨励賞

頂くことが出来ました。

何よりも、ご家族のご理解とご協力、そして心からの応援があってこそ、迎えられるコンクール当日です。

小林哩茉さんは、一つ一つ丁寧に準備をする中で、学んだことが大きかったと思います。
沢山のステップを踏む中で、一つの音に対しても自分の力で考え抜くことが出来たかと思います。
自分の力で積み上げて、考え試行錯誤して得たものは一生残ると思います。
全国大会に向けて、また頑張っていきます。

小林海月さん、レッスンの中でコンクール課題を見始めたのが9月!
9月末の発表会までに何とか暗譜して、ピティナステップで演奏、その後レッスン数回で大幅に修正して。
数日前のレッスンでようやく形になったものを、本番で出し切ってくれたようです(^^)。
この機会がなかったら、今の時点で「ポロネーズ」という言葉に触れることもなかったかな。良い学びの場でした。

お写真を送って頂きました(^^) (掲載ご了解頂いています)

画像の説明