知識と情報

草津の音楽祭前に、駆け込みで数冊。

分厚い書籍を購入し、必死で読んでいます(笑)
どうしてもっと早く読まないかなあ、私。。と反省。

目の前のことを首尾よくこなす為の情報止まりで、根幹の知識まで何故か辿りつきません。
情報自体、大量ですし。情報処理で頭が一杯。。

知識の正しい、間違っているという観点は、知識そのものの種類や、時代や評価するが変われば、変わるもの。ですが。

でも、「知識」が上手く働いている時は、自分で創造することが楽しく時間を忘れるほど。
というところから外れてはいけないなあと。
改めて感じています。

やはり自分で創って、一旦崩して、調べて、又、創って。

音楽は、自分自身の意見として、形にしていくしかないものだなと。