松本ピアノフェスティバル

画像の説明

昨日は、松本のピアノフェスティバルに行ってきました^ ^

ピアノ、面白い!楽しい!
と、正直に感じた、素晴らしい空間。

昨日は、都合で昼間のみ伺ったのですが…
ショパンマラソン(デコレーションされた素敵なステージ、響きもとても素敵な舞台)を聴き。

初めて作られたピアノ「クリストフォリ」レプリカ(1726年製のレプリカで、2005年作)の演奏会を聴き、クリストフォリも試弾が出来ました。

又、別にチェンバロも置いてあり、すこーし触らせて頂きました。
子供さんは難なく弾いているのですが、頭の回路がすぐに変わらない私の歳だと。。難しい。。
チェンバロ製作者の方もいらして「弾き方はピアノと違うよ」と、色々教えて頂きました。頭では分かるのですが。。うーん。

すぐに鍵盤に馴染んで弾ける子供は凄いなあと…見ておりました。

ピアニスト松本和将先生のブルグミュラーの講座も聴いてきました。
幼少時期のコンクールの使い方、高校生になった時に生徒の力がどこまでになっているか、の原点が、やはり小学生くらいの頃の「学び方」に掛かっているということ。

松本先生におっしゃった音楽の聴き方、その他にもお話の中に沢山の、そして本質的なtipがありました。
なるほど。。と、すぐに実践している私です(笑)

お天気にも恵まれて、沢山の方がいらしていました^ ^

玄関ホール

画像の説明

クラシック、ジャズの玄関ホールでのコンサート、本当に素敵でした。
参加出来ませんでしたが(*_*)ビンゴも盛り上がっていました。

ヤマハさん、カワイさんなど、、いくつかのメーカーさんの試弾も出来ました。
中ホール脇に、ベヒシュタインも……ありました。

会館を広々と使った、贅沢な空間、でした。

画像の説明