最近のこと

ご無沙汰しております。。

まだまだ寒い日が続きます。

このところ、お休みの日がなく、、仕事or勉強、演奏、に追われていました。

**

レッスンは、皆さん頑張っています。

「先日のレッスンで言及できなかったなあ」と、気になった箇所があり、メールで連絡した大人の生徒さん。

返ってきたメールに、、何と、お仕事のお昼休み時間に、曲の分析をしていたらしく。。

専門的な分野の事務のお仕事の方。

真面目で、音楽に対しても研究熱心な方です。

……

今日の、小6の子は、学校の伴奏を指名で頼まれ、その伴奏と、レッスン曲4曲も見てきました。
お母様曰く、1日にかなり弾いているらしいです。
すごい。

これだけ練習すると、いくら注意しても難しかったテクニックが、連動して出来てしまっている、不思議。

…………

このお二人もそうですが……
自分でコツコツ譜読みが出来るようになると、「次にステージで弾く曲」に加えて、新しい曲を時間さえあればどんどん弾いて来れます。
「え、これ、いつ譜読みしていたの?すごいすごい。あと和声分析を細かくすれば、自分で半分は音楽作れるよ。やってみよう!」

そんな場面に何度か、最近遭遇(笑)致しました。

やはり、5年後10年後。
ハウツーや目の前の成果だけではなく、(勿論それぞれに対策はありますが)

「どうやったら、生徒さんが自分自身の力で学べるか」にフォーカスしてレッスンをしていきたいと、改めて思います。

他の人と比べず、その人自身の「学びのサイクル」を回すこと。

……………

私は、昨日今日と、演奏の仕事の合わせでした。
初めてご一緒させて頂く方もいらして、良い刺激を受けました(^^)

演奏は、その人の生き方や、考え方そのものが音に出ます。

室内楽で、他のパートとの掛け合いを聴きながら弾いていると、ふと全く違う世界へ行ってしまうことがあります(笑)

本当に現実とは違う世界。遠い遠いところです。(笑)
音楽の醍醐味かな、と。

毎日大変ではありますが、作曲家や、楽譜そのものに向き合える音楽の仕事。
幸せだな、と思いました。

画像の説明