Vi.Voce

画像の説明
画像の説明

11/6(日)長野市民芸術館にて、アンサンブル・ヴィ・ボーチェの演奏会があります。

今回、ピアノ伴奏をさせて頂きます。

先日、シピリ先生のマスタークラスでご一緒だった方とメールでやり取りしていて。

バロックのリズム、アーティキュレーションに関してでしたが、
彼女の「合唱の方はよく分かってる!!」
というコメントに、そうそうと共感して頷いた私でした。

ラテン語、ドイツ語の、言葉の付いたメロディー、

ピアノで弾いたら、超簡単、弾き飛ばしてしまいそうなメロディー、が、
言葉がついた途端、一音一音、収まるべきところに収まり、美しいリズムで流れ、刻まれます。

ピアノ、ともすると、楽器の中で一番機械的になってしまいがちです。

息を吹き込まなくても音が鳴り、モチーフやフレーズを作る弓の動きもありません。

音量はありますが。
難しい。

…………………

透明感のある歌声の合唱団、指揮は竹内和江先生です。

11/6、お時間のある方は是非お越しください。

お問合せはチラシ内の上原さん、
又はこちらのサイト内のお問い合わせからもどうぞ(^^)