音楽祭

画像の説明

先週は、お盆明けに強行で草津の国際音楽祭へ行ってきました。

帰ってきて、その日にすぐにレッスンという無茶なスケジュールでしたが、それでも行ってよかった!
(丁度山越えの時に大雨で、流石に運転は疲れました)

オープニングコンサートを聴き、聴講も1日のみしてきました。

ピアノマスタークラスのウィーン大学のヒンターフーバー先生。
前日事務局にお聞きしたら定員より遥かにオーバーした20名の参加者。
「1日目は多分オーディションになるので、レッスンはないでしょう」と言われましたが。

ラッキーなことに、オーディションではなく、レッスンの聴講が出来ました。
短かな時間でこれだけ沢山のことが学べるとは…

表面的な答えは一つではないところの、更に元の考え方、視点を再認識出来、本当にレッスンを聞けてよかったです。

来年の夏は、もう少し時間の余裕を持って勉強の機会を持ちたいです。。

夏前に感じていましたが、意識的にインプットする時間持たないと、頭の中が干からびて疲れが出てきます。

休みの全く無い、忙しい夏でした。
でも、色々な刺激も受けられて、教え続ける原動力が得られてよかったかと。

………………………

今日は11月の演奏会に向けてのヴィヴォーチェさんの練習、でした。

「はー、なるほど」
と、バッハの伴奏をさせて頂き、理解して、更に考えることも多くありました。

歌、そして「言葉」は基本ですね。。勉強になります。

そして、昨年いらした東北大槌の合唱団の方、今年も遠くからいらっしゃるそうです。

プロのギターの演奏家の方もいらっしゃり、プログラムは芸術性が高く、華やかな舞台のなりそうです。

・演奏曲は…

バッハの作品。

アフリカのリズムに乗る?宗教曲(またご紹介致します)

不思議な和声の、「日本の四季」

その他…

今日は、眠く書けないので(笑)又改めて書かせて頂ければと思います。

……………

私は、幾つかのステージ、譜読みと練習に追われています。

これで、秋。、冬もすぐに来そうです。

時は矢のように過ぎ去るので、正直(本当に)怖いですが、集中して乗り越えられますように。。