向かう先にあるもの

画像の説明

とある記事を読んでいて、今ふと思ったこと。

何によって、どんな時に自分が伸びたのか(音楽というより、全人格的に)、思い返しています。

私自身は、山あり谷ありで、上手く行った時、全く伸びない時期を通ってきていますが。

偶然と処理していたことが、実は違っていたのかもと。
偶然ではなくて、成長するための必要条件が揃っていた時だったかなと。

「正しい答え」が、どこかにあると信じていることの裏返しで、一つの意見を全て鵜呑みにしてしまう弱さが生まれていたこともありました。
マインドセットも、必要条件の一つかもしれません。

今考えるのは、
通過点として一つ一つの物事を捉えられるだけの強さは、目標設定が大切ということ。

才能の確率、努力の方向。

努力の向かう先が、音楽の更に先にある場所で。
花が開くような。
実現するための方法論を、歩いていくうちに見つけられると良いなと思います。