成長の過程

先日、ピティナのステップにエントリーした生徒さんが、ステージの動画を送ってくれました。

7月コンクール、検定のカテゴリーで参加予定です。
ピティナは初めてなので、雰囲気に飲まれないように(>_<)と。そのリハーサルとして。
遠方まで、お母様が連れて行って下さいました。

ステップでは、一曲だけ、惜しくも指が転んでしまった曲があり、(もちろん最後までは弾けました)

会場を出た途端、泣き出してしまったそうで(>_<)

でも、泣くほど悔しいって、沢山積んだ練習では弾けていたってこと。偉いです。

課題から4曲、練習してきました。
手も身体も小さくて、大きな舞台できちんと音が鳴るか、私は心配していましたが。

音の出し方も伸びやかに、そして力強く、立派に弾けていました。

まだ小学校一年生ですが、身体で覚えたことは忘れません。

1ヶ月後のコンクールに向けて、今回も含めての数回のリハーサルで、自分を成長させるコツ。。を掴んでもらえると嬉しいな。
結果よりも、その過程が大切。

学校での発表やテスト、試される場所に向けての準備と似ているかもしれません。

自分をコントロールして、自分から逃げないで、確実に自分を成長させていく方法を学んでもらえるとよいなと。

(小学校一年生、まだ今は意味は分からなくても。
年月を経ても、覚えていてくれる経験になると、思います)

画像の説明