癒されました

木島平の音Night、の関係で、とある映画音楽のピアノアレンジをWebで購入してみました。
演奏するかは、分かりませんが。

その映画、いつ見たのかな〜、忘れるほどなので10年以上前かな、ですが。当時私の心の琴線に触れた映画です^^;
弾いていて、その時うるうるきたのが思い出されて(笑)

その曲も、メロディーは普通に3回繰り返して、その都度伴奏の形が変わるだけ。至ってごくごく普通ですが。
人間の感情って面白いものです。

大人の方で「ピアノは、自分で弾いていて癒されます」という方がいましたが、こういうことかなと。
長く久しく忘れていた感情でした。

それにしても、ピアノは便利な楽器です。
ハープのようにシャラララと沢山の音を風のように伴奏として弾きつつ、メロディーも奏でられる。
一人で完結します。

手軽に、一人でこっそり楽しむには最適な?楽器だなあと。
他の楽器の方は、その楽器が最適と感じると思いますが^^;

今、基礎やツェルニーを何故やらねばならないのか、、と。無理やりやらされている感を持つ子供の生徒さんも、「今頑張っておけば一見難しそうなアルペジオも、カッコいいパッセージも、絶対簡単に弾けるようになるよ」と。
これは約束出来ます(笑)

生徒さん皆が、10年後20年後、ピアノを楽しいと感じて弾いてくれていたら理想だな…とも。思いました。

画像の説明