ドラッカー展

今日は、午前中レッスン、午後は信濃美術館へ。
今期、美術館のモニターをさせて頂いていて、会議に出席しました。

本館ではドラッカー展。
ギャラリートークに参加もしてみました。
とても丁寧で分かりやすい説明でした。

ドラッカーの本は、読めるだけ?読んでいますが、日本画の蒐集をしていたとは、知らなかった。。
素晴らしいコレクションでした。

沢山の掛け軸が並んでいました。

日本画は、見る側も画の中に入っていける、と。
ドラッカーが言っていたそうです。

展示されていた掛け軸の絵、自分も絵の中に入っていけるだけの懐の深さ、余裕があるな。。などと考えつつ。

日本人には空気のように当たり前の感覚の絵の構図や表現、西洋文化圏の方からはどう見えるのだろうと。その目は持てませんが、キャプションを読みながら想像していました。

.