黒姫リレーコンサート・写真

6月末の黒姫リレーコンサート、お写真です。
^^
(出られた方の内、一部の方のみになります・・
また、お写真頂きましたら追加させて頂くかもしれません。)

3曲弾きました。ほぼ練習通りに弾けたそうです^^
少し難しいかな・・と私が思った曲でしたが、集中して練習、暗譜も出来ました。
黒姫①

ピティナコンペのリハーサルとして。他の生徒さんが「とっても上手なお姉さんがいたよ」と。
よく聞いたら、この生徒さんのことでした。
黒姫②

今月(7月)末のコンクールのリハーサルとして。落ち着いて弾けました。
知らない方から「素敵な演奏で、ファンになったわ」と声を掛けられたらしく^^:「人に伝わる演奏」ができたのかなと。それが一番大切。良かったですね♪
黒姫③

小学校1年生。たーくさんの曲を毎回レッスンで聞かせてくれます。♯4つ、♭3つも、平気です。今回は、一人で本当に立派に弾けました。これからも楽しみな生徒さん^^
黒姫④

ピティナコンペ予選のリハーサルで弾きました。
演奏前に急にインタビューが入って、驚いたそうです^^
こちらで弾かせて頂いたおかげで、コンペも上手に弾けましたね。
(こちらの生徒さんのお父様が、今日掲載の皆さんのお写真を撮って下さいました。発表会のビデオなども、いつもご協力頂いております。m(_ _)m ありがたいです)
黒姫⑥

黒姫5

ピアノ音楽そのものが追求するに値する学び、ではありますが、広く考えてみると、ひとりひとりの成長のためのひとつの手段でもあります。

ボタン一つで何もかも出来ることが殆どの現代で、超・アナログな作業を要する「ピアノ技術習得・音楽の勉強」。

コンクール指導等をしていると、私自身も・・気が遠くなりそうな時が、あります。
演奏する本人に至っては、言葉には出来ない大変な努力です。

(「先生と代わりたい。いいなあ、先生は弾かなくていいんだもん。席替えようよ」とレッスンで言われましたが。私も自分の演奏の時は、色々な意味で倒れそうになりながら弾いています(笑))

そこで、何か答えを見つけて、自分の表現や、最終的には自分自身を見つけていくこと。
私自身も、人間の成長に於いて価値のあることと信じて、続けています。