2015-01-09

  • 弾ける、ということ

弾けない>_<と悩んだ時期がかなり長かった私にとって、生徒さんがピアノ人生途中で躓かずに、楽しく弾ける様に、は長年の課題です*・゜゚・*:.。..。.:*。. .。.:*・゜゚・*

…小学校1年の生徒さん、バイエル下巻が終わりそうです。
良く理解しています^^ 。

子供さんそれぞれに教材は選んでいますが、足りない部分を如何に補うかがレッスンの意味かと思っています。
なので、その生徒さんも他の教材と組み合わせて。。

「何て面白い!」と、ブルグミュラーやバッハやソナチネに取り組んでくれる生徒さんを一人でも増やせれば。。幸せです。
現代の作品も沢山素敵な曲がありますが。。何よりベースが大切ですよね。

漢和辞典を引きながら、漢字の勉強するのに似ているなあ(笑)と、思うのですが。
小学校1年〜2年位で「基礎」の大切さが身につけば良いなと、思って教えています。

数年という長い期間、ゆっくり山あり谷ありでも着実に進められる成長期。
きちんと育って自分で意欲的に取り組む小学校高学年の生徒さんを見ていると、子供さんは凄いなと思わずにいられません。