2014-06-18

  • 美術館

作品を見る。「見る」ことから「感じ取り、考える」ということが、「結構エネルギーを使う…」と感じるのは、受け身でも次から次へ情報が入ってくることに慣れてしまっているせいかもしれません。。。

自分から作品に入っていこうとしなければ、壁際を通り過ぎるだけになってしまうなあと。

ここ数日で幾つかの美術館に行く機会が持てました。

やはり、頭も疲れました(-。-;が。展示を見終わった時に子供に返ったような気分になれて、不思議です。

音楽を続ける、教え続ける、ということは大きな目標がないと途中でポキっと折れてしまいそう、と最近感じていて。
展示されていた作品を見ることで、一つ答えを見つけられたように思います。

自己肥大ではない(笑)、「貢献」の意味。
何故か、日本画の作品を見ていた時に感じたことです。