2013-09-22

  • 華道展

今日は演奏のお仕事の後。。
以前信濃美術館のモニターをご一緒させて頂いていた松本の方が、長野での華道展に出品されるとのことで、ご招待を頂き東急シェルシェへ行ってきました^_^

その方の出品作は、「金色、クリムトの絵のイメージの造形的な作品」とご本人がおっしゃっておりました。。
目の前にして、本当にクリムトの絵が浮かんできました。鮮やかな色合いとバランス。
ご自身で絵も描かれていて、その実力も素晴らしい方です。

今日は、「日本の美」を久しぶりに感じることが出来ました。
アシンメトリーな形から、その微妙なバランスから、周りの空気が生まれる、不思議さ。

多くの美しい作品の前に、この創造力の源はなんだろう、と考えました。
何かを創り出す、大きなエネルギーは生きる原動力。

最近疲れが正にMAXで(笑)創造どころではなく、一日をこなすのが精一杯の毎日でしたが、明日は少し早起きて1から作らねばならないことを元気にこなせたらいいな、と。

一つのきっかけで、知識が輪になる(繋がる)、今日はそんな日でもありました。