2013-02-04

今日は2月。。なのに、長野市内、こちらでは雪から雨に変わりました。

先日のブログに書きました、2月はじめ、幼稚園さんでのコンサートで演奏させて頂きました。
ピアノを弾いていて良かったな^ ^と心から感じた空間。

コンサートの終わりに園長先生のおっしゃった言葉が印象的でした。
「喉が渇いたらお水をごくごく飲むように、今日はみんなの心の中は素敵な音楽でいっぱいになって満たされたことでしょう」

そのような趣旨の言葉をおっしゃいました。

近頃、私自身音楽を聴くことで落ち着いたり、言葉通りお水が喉を通っていくように音楽で心が満たされていく、そんなことがあったので。
そう言って頂けて嬉しいな、と思うと同時に、演奏をする、伝える意味を再確認した様にも感じます。

渇いた心にお水が注がれるような感覚、ピアノを弾いていても感じることです。

きっと先生方のお気持ちや方向性が子供さんにも伝わるのか、コンサートでも小さな子供さんがとても興味を持って耳を傾けてくれていました。

説明