2012-01-17

  • 物語

経験したことは5年も経つと形となったストーリーとして自分の中に蘇ってきます。
良いも悪いも^^

ドイツでの経験も、その時の印象が今の自分にどう影響を与えているのか、過去にこちらのブログで書かせて頂いて..随分と整理できました。

今日はコンサートの「プログラム」を組み立てる時、経験してきた感情や生きてきた物語の深いところに通じているな、とふと感じました。
これは見たことのある映画、読んだ小説よりも深いもので、心や身体に刻み込まれているような。

生きているから感じる、嬉しさ、楽しさ、悲しさ、怒り、孤独。
これは幾つになっても、大人といわれる年齢を遥か越えても持ち続ける「感情」。
蓋をして見ぬふりをすると、いつか思いもよらないきっかけで溢れ出すものでもあるかと思います。

演奏している私自身よりも、聴いている方の心に「音楽の背景」が浮かび上がる、聴いている方が主人公になる。そんな物語を創れたら素敵だな、といつも思うのですが。

難しいもので..まだまだ試行錯誤、修行中;^^;です。