2011-02-17

  • 小さな子供さんのレッスン

明日は幼児教育研究、多くの出版で有名な田丸信明先生の初歩ピアノ教育の講座があります
★^^

楽器店さん主催の企画です。

明日講座後、数日間は生徒さんのレッスンなどで立て込むので、また落ち着いたら感想を書きたいな^^と思っています。

昔学生の時も、外部のお教室で長くレッスンをしていた際も、またドイツに行ったときも・・一番の私の課題が「初歩のレッスン」だったような気がします。やはり今でも一番の勉強し続けなければならない課題です。

学生の時は「ピアノを教える」技術と、「弾く」技術の違いに唖然として「卒業するまでに何かを得なければ」とリトミック指導のお教室に通ったことも・・。

ドイツで印象的だったのは・・コンサートの前に、演奏曲の前説明などの時間があったのですが^^
オーケストラのコンサートでその時間の際、指揮者紹介として小さな頃からどんな教育を受けてきたか・・とロシアの指揮者の方のお話を興味深く聞いたり..
その深い教育方法、いつか触れてみるのは私の夢であったりします。

様々な国の学生さんから「どういう教材を使って、どういうことを教わってきたのかな」と聞くことも多かったです。
学生さん達が同じ曲を弾いても、大きく分けると国ごとに明らかに色が違うのですよね・・不思議だなあと。

どんな形で「音楽」を伝えるのか、何を一番大切に「音楽」に、導いていくのか。
ある意味、音楽人生の一生を左右するような「価値観」が初歩段階で子供さんの気持ちに宿っていくような、気がします。

教材という面では、現在は目が回りそうなくらい本当に千差万別。
楽譜を見比べつつ、自己研究用の教材が溜まっていく・・最近です。 

明日は、良いヒントを得られるように^^気持ちの準備もしつつ臨みたいと思っています。